もしもの為に備えるウォーターサーバーでの備蓄

震災時に助かるウォーターサーバーの特徴

電気がなくても水が飲める

自然災害の中で日本が一番多く被害にあっているのは地震です。
阪神淡路大震災のときは、多くの火災が発生しました。
そして被災された地域はほとんど停電になりとても大変な思いをしたことでしょう。
こんな時にウォーターサーバーを利用するなんて電気を使うじゃないかと思ってしまう人もいるでしょう。

最近のウォーターサーバーはとても工夫されていてもし電気が通っていなかったとしてもコックをひねれば水は出てくるのです。
電気が通ってなくても水はいつでも飲める状況にあるということなんです。

大きな災害の場合はすぐに水はすぐに止まってしまうことが多いのです。
そんな時にウォーターサーバーはとても役に立つと思います。
日常で使うのもとても便利なのでウォーターサーバーを家に置いて損はないでしょう。

考えつくされたウォーターサーバー

最近のウォーターサーバーのサービスはとても良くなっています。
もしも本当に自分の身の回りで自然災害が起きた場合、本格的に避難することになった時、水はとても重たいものです。
それをいち早く避難場所に持っていくにはとても力が必要です。

そのような問題点を解消するために、水が入っているボトルを軽量化したり、持ち運びやすい形状にするなど、ウォーターサーバーをレンタルしてる会社は様々なことを想定して考えているのです。

またボトル自体にコックをつけれるような形にして、サーバーがなくてもボトルから直接水を出すことができるような形にしているところもあります。
よく考えられたウォーターサーバーは熊本の震災の時にとても活躍したと言われています。


シェアする

B!