もしもの為に備えるウォーターサーバーでの備蓄

水の備蓄は必要不可欠です

1日に人間が必要な水分

皆さんは1日にどれだけの水が人間には必要だと思いますか。
水分補給には様々な方法があります。
飲み物だけではなく、食材に含まれる水分などでも人間は水分を補給します。

1日に大体2リッターほどの水分を補給する必要があります。
夏場だと特に、定期的に水分を取らないと脱水症状になることがあるので、それ以上に補給する必要があります。
なぜなら人は体内から1日で放出する水分の量は2リッターから3 リッターは放出するからです。

夏場は特に水不足はとても大変な問題と言えます。
脱水症状は、高齢な方は特に避けなければいけません。
死に関わることがあるからです。
人間にとってそれだけ水分補給することは意味があってとても大切なものなのです。

災害時に助かるウォーターサーバー

災害時のために取っておく水はどのように保管しておくべきなのか、それは圧倒的にウォーターサーバーです。

CM などで一度は見たことがあると思いますが、サーバー自体はレンタルで貸し出しできるので、水を定期的に注文すれば持ってきてくれるという仕組みです。
月にかかるお金はサーバーのレンタル料、そして注文した水の料金だけです。

そのウォーターサーバーが災害時にとても役立つと言われているのです。
そこまで毎月料金がかかるわけではないので気軽にウォーターサーバーを家に置いとくことができます。

ウォーターサーバーが家にあると、簡単に冷たい水や温かいお湯が出てくるので、とても便利だと言えます。
衛生面もしっかりしているため小さいお子さんにも安心して読めるのです。


シェアする

B!